本文の開始

YOGA.jp 日本ヨーガ瞑想協会

日本ヨーガ瞑想協会は、綿本彰を会長とするヨガ/瞑想を指導する団体。ヨガ、瞑想、マインドフルネス、禅、瞑想ヨガ、パワーヨガ、陰ヨガなどの、様々なヨガの研究、普及を行っています。

YOGA.jpトップ > 日本ヨーガ瞑想協会 ABOUT US

ABOUT US

日本ヨーガ瞑想協会

日常生活の中にヨガの知恵を生かす

日本ヨーガ瞑想協会(Japan Yoga Meditation Association)は、1978年に綿本昇によって設立された、瞑想ベースのヨガを指導、指導者育成する団体。

設立当時、まだ敷居の高かったヨガを、「人を見て法を説く」の考え方に基づいて分かりやすく示し、メディアを通して大々的にPRすることで、当時のヨガブームの火付け役的な存在に。

また、2000年以降は運営を綿本彰に引き継ぎ、ヨガフェスタの発起に貢献して流派間の隔たりを解消し、またパワーヨガを日本に紹介し、現在も続くヨガブームの火付け役となる。

現在は綿本彰を中心に、日本全国、世界各国で活躍する数百名の登録講師と共に、ヨガや瞑想の指導に努める。

(LINK) 綿本彰プロフィール
(LINK) アジア最大級のヨガイベント ヨガフェスタ
(LINK) 全国の登録講師サーチ


積極的なメディア活動

綿本彰著書

日本ヨーガ瞑想協会は、設立当初より、メディアを通して積極にヨガの考え方や実践方法を紹介し、日本におけるヨガの普及に貢献してきました。

綿本昇の著書を含め、協会講師がリリースしてきた著書やDVDは100冊以上。
難しいことを分かりやすく解説することには定評があり、現在もなおハイペースで出版活動、取材対応を行っています。

また、卒業生が書籍を出版することも珍しくなく、ヨガ指導のみならず、スタジオ経営や企業研修など多方面で活躍しています。

(LINK) 綿本彰の著書一覧


ボーダレスなヨガ指導を目指す

日常生活の中にヨガの知恵を生かす

日本ヨーガ瞑想協会は、その活動母体としていた綿本ヨーガスタジオを2019年5月に閉校

同時に、主な活動である指導者トレーニングの運営方針を、新規指導者の育成から既存の指導者のスキルアップに方向転換。
流派を超えた指導者育成に努めることにしました。

常に時代の流れを敏感に受け取りながら、今自分たちが必要とされている役割を果たすことを大切にする。

これからも一つの形にとらわれることなく、様々な変化を受け入れながら、本当に大切なものを皆様にお届けしたいと私たちは考えています。

ページの終了