YOGA.jp
<FONT color="#7C6B57">東京 銀座、有楽町、京橋、宝町からアクセスできるヨガ教室、綿本ヨーガスタジオのクラススケジュール</FONT>
ヨガインストラクターになるには ヨガ指導者トレーニング概要 全米ヨガアライアンス ヨガアライアンス カリキュラム ヨガアライアンス カリキュラム/費用 指導者養成講座 募集要項の請求
全米ヨガアライアンスとは
全米ヨガアライアンス(Yoga Alliance)は、1999年に2つのヨガ団体が合併してできた米国の協会で、今や "国際ライセンス"とも言うべき位置づけとなっているRYT(Registered Yoga Teacher:登録講師)の認定を行っている非営利団体です。

この全米ヨガアライアンスは、自らが直接トレーニングを開催したり、標準的な理論を提唱したり、情報提供を行なっているわけではなく、指導者を育成する際の 「基準」 を提供することで、指導者の質を引き上げようという方針をとっています。

全米ヨガアライアンスが提唱する 「基準」
 1.指導者トレーニングを構築する人(ディレクター)は、200時間以上のトレーニング受講を経て、
  最低2年間の指導と1,000時間以上の指導経験を持っていること
 2.カリキュラムの各最低時間数は、実践技術(100時間)、指導技術(25時間)、解剖学(20時間)
  哲学(30時間)、練習(10時間) を満たしていること

このように、全米ヨガアライアンスが提唱するのは上記のような数値基準であり、標準的なカリキュラムを持っている訳ではありません
実際にカリキュラムを作成するのは、私たち(日本ヨーガ瞑想協会)のような、従来から指導者の育成を行っていた独立した養成機関で、そういった機関が上記の条件を満たした上でヨガアライアンス認定校として登録し、独自にカリキュラムを組み、それぞれの指導理念、指導方法に則り独自の指導者トレーニングを開催しています。

そして、そんなトレーニングを終えた修了生の申請を受けて、全米ヨガアライアンスがRYTの発行を行なう、というしくみが、今や世界的なスタンダードとなっています。
全米ヨガアライアンスに登録するメリット
上記のように、今や全米ヨガアライアンスの登録講師(RYT)は、世界的なスタンダードとも言える指導者ライセンス。ですから、これを取得することによって、国際ライセンスを取得するのと同じような認識を得ることができます。

ただ同時に、全米ヨガアライアンスが提唱するのは、あくまでも 「数値基準」 に過ぎない、ということも、世界的に周知された事実。ですから、単にRYTを取得しているということ自体が絶大な信頼に繋がる訳ではなく、その指導者がどういったトレーニングを受け、どういったスキルを持ち、どれだけの指導力を持っているか。
つまり「実力」こそが真に問われる部分ではあります。

そういった意味で、本当に大切なのは、全米ヨガアライアンスの認定を取得することではなく、自分が心から良いと感じるスタイルのヨガを、信頼のおける指導者(養成機関)から学び、真の指導力を身につけることにあるわけです。

そういった「実」の部分(実力)を押さえた上で、全米ヨガアライアンスの認定を受けているということが、プラスαとして作用して信頼を高め、指導拠点獲得の後押しとなってくれるのは間違いありません。
全米ヨガアライアンス登録の流れ
全米ヨガアライアンスのRYTを取得するには、一般的に次のような流れが必要となります。
トレーニング受講資格 自分に合った認定校(トレーニング)を探す
上記のように、同じ 「全米ヨガアライアンス認定」 の講座といっても、そのカリキュラムは各養成機関が 独自に組んだものなので、その内容は千差万別。まったくの別物と考えてください。
ですから、できるだけその機関の一般的なクラス(レギュラークラス)に参加したり、質問してみたりして、本当に良いと感じる機関が行っているトレーニングを受けるようにしましょう。
トレーニング受講資格 トレーニングの修了条件を満たす
全米ヨガアライアンスへの申請には、認定校の修了証書のコピーが必要。
この修了条件も、各養成機関によってマチマチなので、受講前に必ず確認しておきましょう。
全講義に参加すればよいものから、論文提出や試験があるところもあります。
日本ヨーガ瞑想協会では、全講義への参加に加え、指導練習において最低限の指導力が認められることなどを修了条件として設定しています。
トレーニング受講資格 全米ヨガアライアンスに RYT取得の登録申請をする
無事 修了証書が取得できたら、いよいよ全米ヨガアライアンスに申請します。
費用は、2015年現在で、初期登録費用が$45、年間登録費用が$55の計$100。
申請はすべて英語ですが、英語が得意な同期の仲間に助けてもらうことができると思うので、気楽に考えてよいかと思います。
不備がなければ1〜3週間程度で無事に登録完了。
全米ヨガアライアンスのページでRYTとして検索でき、対外的にも「全米ヨガアライアンスRYT(登録講師)」と名乗ることができるようになります。
全米ヨガアライアンスへの登録方法
ヨガアライアンスへの申請は、次の手順でホームページから行うことができます。
 1. 全米ヨガアライアンス アカウント作成ページから自分のアカウントを作成
 2. プロフィールを入力
 3. 修了証書をアップロードする
 4. クレジットカードまたはPayPalで支払い
 5. RYS(ヨガアライアンス認定校)の評価
               
※上記はアカウント作成から順に簡単に進めていくことができます。(英語での入力が必須です)
※申請に関するお問い合わせは、全米ヨガアライアンスまでお願いいたします。
▲PAGE TOP