YOGA.jp
<FONT color="#7C6B57">東京 銀座、有楽町、京橋、宝町からアクセスできるヨガ教室、綿本ヨーガスタジオのクラススケジュール</FONT>
ヨガインストラクターになるには ヨガ指導者トレーニング概要 全米ヨガアライアンス ヨガアライアンス カリキュラム ヨガアライアンス カリキュラム/費用 指導者養成講座 募集要項の請求
 綿本彰がプロデュースする、200時間に及ぶヨガ指導者養成のトレーニング・プログラム。
 その最終的なこだわりが、200時間のトレーニング内で得る 「実感」 にあります。
実感を大切にするヨガ指導者トレーニング
あなたは、指導者トレーニングに何を求めますか?
ヨガの理解を深めるために必要な知識ですか?
それとも、指導の際に役立つヨガの様々な技術ですか?
私たちは、可能な限りそのすべてを200時間の中に凝縮し、順序立てて講義
するカリキュラムを組んでいます。
そのためにも、全講義を綿本が直接担当し、持てる知識と技術を総動員して、
惜しみなくそれらをお伝えしていこうと思っています。
ただ、それと同じくらい、あるいはそれ以上にトレーニング修了後、
ヨガ指導者トレーニング修了後、実際の指導を行う上で、本当に必要となるもの
があると感じています。
それは、知識でも技術でもなく、ヨガが目指そうとしている感覚を 「実感」 していること なのです。
知識や技術は、大いに指導の助けとなります。
ただ、指導者が、「どこまで、ヨガ的な感覚の深まりを実感できているか」 ということが、実際の指導の場面であからさまに表れ、ひいては
ヨガクラスの品質を大きく決定付けることになります。
そういった意味で私たちは、200時間のトレーニングを通して、その 「実感」 を深めることに、とても重きを置いてカリキュラムを組んでいます。
ヨガ指導者トレーニングで何の実感を大切にするのか
それでは、指導の品質を決定付けるほどに大切な、ヨガ的な 「実感」 というのは、どういった実感、感覚なのでしょうか。
ひとことで表すと、それは 「瞑想」 と呼ばれる実感、感覚です。
ヨガが目指す「瞑想」の感覚とは
綿本はこれまで、様々なメディアなどで、瞑想とは 「理想的な精神状態」、「とても深い集中状態」 と説明してきました。
でもこれは、あくまでも一般の方に向けた表現で、指導者としては、哲学的な理解を踏まえた上で、もう少し深いレベルで理解することが
必要になってきます。
ただ、実はいくら深い表現をとったとしても、頭で理解するだけでは十分ではないのです。
ヨガが目指す「瞑想」の感覚とは
りんごを食べたことのない人に、その味を言葉だけで説明するのが難しいように、哲学を含めた様々な知識は、実感を助けてはくれますが、
完全にそれを伝えるには不十分。
りんごの味を知ってもらうには、りんごを実際食べてみるのが一番手っ取り早いということ。それが 「実感」 を重視する理由です。
私たちは、200時間のトレーニングを通して、その王道とも言えるアーサナや呼吸法を使って、その実感を培っていきます。
そして、それと同時に、様々なセラピー心理的なワーク瞑想技法などを効果的にカリキュラムに取り入れるなど、あらゆる手段を通して、
その実感を深めることに重点をおいています。
実感を大切にするヨガ指導者トレーニング
このように、哲学、解剖学、アーサナ理論やその実践が、互いに深く関わり
合いながらシンクロして 「ひと繋がり」 になり、一貫したストーリーのもとで
「実感」 を深めていく。だから、
バラバラで繋がらない哲学、アーサナ、瞑想、日常生活
200時間の全体が ひと繋がりになっているから、分割して各期ごとに違うメンバーで受講する形にすると、どうしても伝わらない、深まらないものがあるのです。
200時間の全期を通して苦楽を共にするメンバーがいるからこそ、伝えられる「実感」、深められる「実感」があると考えるのです。
バラバラで繋がらない哲学、アーサナ、瞑想、日常生活
受講生同士の繋がりこそが、実感を深める最大のカギであり、その実感こそがヨガが目指している状態であり、「YOGA(繋ぐ)」 という言葉が
持つ本来の意味なのです。
そんな全講義の流れを綿本彰が緻密にプロデュース。
200時間に及ぶ 「劇場型トレーニング」 を、一人でも多くの方にご満喫いただけたら幸いです。
トレーニングの特徴02 『個体差』 に戻る
▲PAGE TOP