YOGA.jp
<FONT color="#7C6B57">東京 銀座、有楽町、京橋、宝町からアクセスできるヨガ教室、綿本ヨーガスタジオのクラススケジュール</FONT>
ヨガインストラクターになるには ヨガ指導者トレーニング概要 全米ヨガアライアンス ヨガアライアンス カリキュラム ヨガアライアンス カリキュラム/費用 指導者養成講座 募集要項の請求
 ヨガの指導経験のまったくない方が、「90分程度のヨガクラスを指導できるようになる」 ことを目標に、
 トレーニングは200時間をかけ、下記のカリキュラムに添って行われます。
全米ヨガアライアンス認定校 ヨガ指導者養成講座 ヨガの基本理論/歴史/哲学/瞑想
ヨガとは何か、何のために数々のポーズを行うのか、そしてヨガの本質である瞑想とは何か。
当トレーニングでは、ヨガ指導を根底で支える 「ヨガ哲学」 について、多くの時間をさいて解説を行います。
特に当トレーニングでの哲学は、単に 「ヨガスートラ」 などの古典文献を読み進め、学術的に暗記していくのではなく、
その本質的な理解を通して、解剖学やクラス指導などと結び付けられるように、基本構造の理解に時間をかけます。
また、そういった哲学と実感とを結びつけるために、多くの瞑想的なセッションや心理セラピー的なワークを盛り込み、
実生活やヨガクラスに役立つ哲学」 の理解を目指します。
全米ヨガアライアンス認定校 ヨガ指導者養成講座 アーサナの原理/生理学/解剖学
ヨガの実践や指導が 「安全」で「効果的」なものであるためには、どういった
知識が必要となるでしょうか。
私たちは、「ヨガのポーズ実践と深く結びついた解剖学」の知識が不可欠で
あると考えます。【参考:トレーニングの特徴01
当トレーニングでは、基本的な身体生理学や解剖学をベースにしながらも、
そういった一般的な解剖学にとどまらず、 「ヨガのポーズ」 を安全で効果的に
行うための解剖学を、繰り返し丁寧に解説します。
私たちがお伝えしたいのは、一般的な机上の知識ではなく、ヨガの実践や指導に直結する、「生きた解剖学」 の知識なのです。
全米ヨガアライアンス認定校 ヨガ指導者養成講座 アーサナ解説/練習/アジャスト練習
私たちは、アーサナの解説にとても多くの時間をかけます。それは、多くのポーズをご紹介するという意味ではなく、
一つひとつのアーサナに、とても時間をかけて解説するということです。
長い場合は、一つの主要なアーサナに何時間もかけて、徹底的にポイントを解説したり、アジャストの練習を行ったりします。
哲学も 解剖学もとても大切ですが、実際に私たちがクラスで行なうのはポーズ指導ですから、この部分は徹底的に理解し、
実感するまで繰り返し解説と練習を行います。
ただ、すべてのポーズに共通する、とてもシンプルな理論があるので、時間をかけ、ペアを組んでアライメントの確認を行ったり、
補助をしたりすることを通して、自然と身につくようにプログラムしています。
全米ヨガアライアンス認定校 ヨガ指導者養成講座 指導技術
指導者自身がヨガを探求してその理解や実感を深め、安全で効果的に練習できるようになることは とても大切なことです。
でも、指導者として、それらの知識や技術を 「クラス指導」 に生かすために、指導技術を学ぶことも不可欠です。
クラスの組み立て方、発声法、緊急事態への対処法、指導者の心得など、指導を行う際に必要となる知識や技術の獲得をはかります。
また、指導をするにあたり疑問に思う点などについて、積極的に質疑を行い、指導時の不安を取り除きます。
全米ヨガアライアンス認定校 ヨガ指導者養成講座 指導練習
修了後すぐに指導を始めるスキルを身につけるには、繰り返しの指導練習
欠かせません。
当トレーニングでは、20分〜60分の指導練習と考察を計5回行い、徹底的に
指導スキルの向上をはかります。
また、プログラムの組み立てを自分で行い、効果的な組み立て、不快な組み
立てなどの見極めを行うスキルの向上をはかります。
全米ヨガアライアンス認定校 ヨガ指導者養成講座 クラス受講
集中講義(180時間)に加え、綿本ヨーガスタジオにて20時間(14クラス)の一般クラス受講し、レポートを作成していただきます。
(この部分だけが、綿本の担当から外れることになります)
指導者の視点でクラス受講することで、様々な気づきが得られ、学んだことを実践に置き換えて吸収していくことができます。
遠方などの理由で、綿本ヨーガスタジオでの受講が難しい場合は、他のヨガスタジオなどで 20時間以上のクラス受講を行い
(この際の受講料金は各自負担となります)、レポートを提出しても構いません。
※指導内容や時間配分については、予告なく変更されることがありますので、予めご了承ください。
※上記のほか、修了後 「登録講師」 になることで、継続的な学習プログラムを受けることができます。
BACK NEXT
▲PAGE TOP