YOGA.jp
YOGAの種類
古典的なヨーガスタイル ラージャヨーガ ハタヨーガ クンダリーニヨーガ
アシュタンガヨーガ アイアンガーヨーガ ホットヨーガ パワーヨーガ
リストラティブヨーガ
古典的なヨーガスタイル
ヨーガの本質が瞑想にあり、その瞑想の本質が「調和の心」にあることは「ヨーガとは」でご紹介しました。そして、ヨーガの素晴らしいところは、瞑想という実直なアプローチにこだわらず、「調和の心」を培うあらゆるアプローチを「ヨーガ」として受け入れる、その懐の深さにあるといえます。
例えば「ジュニヤーナヨーガ」。このヨーガは、ポーズも呼吸法も瞑想も行わず、ただ哲学を探求するスタイルのヨーガです。師から説法を受け、本を読み、気づきを繰り返しながら、あらゆるものと溶け合う心を培う。これも一つのヨーガと呼ぶのです。
また、ヒンドゥー教と深く結びつき、お祈りを通して調和の精神を培う「バクティヨーガ」。  あるいは周囲と調和するために、奉仕活動を繰り返す「カルマヨーガ」。これらはすべて伝統的なヨーガスタイルで、特にインドではとても大切にされているスタイルです。

この他にも、気のコントロールを重視するものから、苦行を追求するものまで、目指すところが「調和の心」であれば、それらをすべて「ヨーガ」と呼ぶことを許す。その柔軟な姿勢が、形を変えながら進化し続け、五千年もの年月を経てもなお、世界中で実践され、そして愛されている理由の1つであるといえます。
▲PAGE TOP
ラージャヨーガ
ヨーガが目指す調和の精神を、最もストレートに追求しているスタイルがラージャヨーガです。 ラージャとは王様を意味するサンスクリット語。ですから、ラージャヨーガは、「ヨーガの王様」、「ヨーガの王道」を意味するもので、別名「古典ヨーガ」「瞑想ヨーガ」とも言われます。 また、ヨーガのバイブルとされる「ヨーガスートラ」で紹介されているスタイルのヨーガ、といえばご存知な方も多いのではないでしょうか。  
ラージャヨーガは、紀元前二世紀(紀元後五世紀という説もある)ごろ、ヨーガの最初のスタイルとして体系化されたと考えられています。当時のヨーガはまだ体操的な動きはなく、坐法を組んでひたすら坐る、純粋な瞑想がヨーガと呼ばれていました。そういった意味では、禅寺で見かける禅こそが、ヨーガの最初の姿をそのまま残すスタイルだといえます。  
「瞑想とは」でもご紹介しましたが、ヨーガでは瞑想を心だけの問題として捉えません。聞かん坊の「心」だからこそ、それと深い結びつきを持つ「姿勢」をコントロールし、そして呼吸も使いながら心のコントロールをはかる、とても総合的な取り組みが瞑想なのです。この考え方は、八支則というシステムにまとめられ、ラージャヨーガの軸であると同時に、他の多くのヨーガスタイルに多大な影響を与えています。

1.禁戒(ヤマ)   日常生活の中で行わない方が良いこと
2.勧戒(ニヤマ)   日常生活の中で行った方が良いこと
3.坐法(アーサナ)   理想的な姿勢をとること
4.調気(プラーナーヤマ)   理想的な呼吸を行うこと
5.制感(プラティヤハーラ)  感覚をコントロールすること
6.集中(ダラーナ)   集中を行う努力をすること
7.瞑想(ディヤーナ)   集中が自然に深まっている状態
8.三昧(サマーディ)   集中の対象と調和している状態

八支則はサンスクリット語ではアシュタンガ(八本の枝)と呼ばれ、後述するアシュタンガヨーガのベース理論にもなっています。
当協会では、このラージャヨーガを理論と実践の中心に据え、次にご紹介するハタヨーガの身体調整テクニックを多分に取り入れたレッスンを展開しています。
▲PAGE TOP
ハタヨーガ
いま日本で受けられるヨーガを理解する上で欠かせないのがハタヨーガです。 ハタのハは太陽=陽を、タは月=陰(逆という説もある)を意味し、そこから転じて陰と陽が織り成す現実世界、身体、パワーを意味します。ですからこのハターヨーガは、身体を重視したヨーガ、パワーの源泉である陰と陽の気の流れを重視するヨーガ、そしてテクニックを駆使して力づくでヨーガが目指す境地に至ろうとするヨーガなのです。
ハタヨーガでは、心や身体を動かす原動力であるプラーナ=気を重視し、身体や呼吸を使ってプラーナの流れを制御し、このことで心をコントロールしようとします。また、ラージャヨーガが上の八支則をベースにするのに対して、ハターヨーガでは、その代表的な教本である「ハタヨーガ・プラディーピカー」で、次の 4ステップで実践するものと教えています。

1. 体位法(アーサナ)
2. 調気(プラーナーヤマ)
3. 印相(ムドラー)
4. 三昧(サマーディ)  

ここに出てくるムドラーとは、荒い言い方をすると背骨の中を通るプラーナの流れを目覚めさせるテクニックのことで、次にくる三昧は、そのプラーナの流れを完全なものにすることを意味しています。そういった意味では、いまの日本では、このようなプラーナの流れに重点をおいた、本来のハタヨーガを受講できるところは極めて少ないといえます。

ただ、ラージャヨーガのような動きのない状態で、ひたすら瞑想して心を統制するよりも、はるかに心の調整がうまく行え、ヨーガが目指す状態に近づきやすくなるため、その身体調整テクニックは、多くのスタイルのヨーガの中に取り入れられています。そういった意味では、ハタヨーガは本来のスタイルではないにしても、現代では最も親しまれているヨーガスタイルだといえます。
▲PAGE TOP
クンダリーニヨーガ
日本では格闘家やアスリートを中心に、絶大な人気を誇るクンダリーニヨーガ。 クンダリーニとは、尾骨付近に眠るとされる蛇の名前で、この蛇を目覚めさせ、頭頂に上昇させることでヨーガが目指す境地に至ろうとするのが、クンダリーニヨーガの考え方です。  
この蛇は、先ほどハタヨーガで触れた「背骨の中を通るプラーナ」を比喩したもので、多くの人はこのプラーナの流れが悪くなっているため、このことを指して蛇が眠っていると喩えられています。そういった意味では、ハタヨーガとクンダリーニヨーガの間に、厳密な境界線は引きにくいということができます。

ただ、ハタヨーガでは古典的なポーズをベースにして、今に受け継がれているのに対し、クンダリーニヨーガの方は独自のポーズや呼吸法などを通して、クンダリーニの覚醒を目指すことから、この二つは別のスタイルとして考えられています。  
中でも、特に「火の呼吸」を使い、多くの人に安全で効果的なスタイルのクンダリーニヨーガは、世界中で多くの方に支持され、いま日本でも注目を集めています。
▲PAGE TOP
アシュタンガヨーガ
南インド、マイソールにてヨーガを指導するパタビ・ジョイス師が指導する、世界的に有名なスタイルのヨーガ。
アシュタンガとは、八本の枝を意味し、瞑想を深めるための八つの道のり=八支則を表すことは「ラージャヨーガ」の項でご紹介しました。つまり、アシュタンガヨーガは、ラージャヨーガの哲学、実践システムをベースにしているヨーガなのです。ただ、ラージャヨーガとの違いは、それをベースにしながらも、ヴィンヤーサというテクニックを重視し、動きの中で瞑想を深めようとするところにあります。ヴィンヤーサとは「呼吸と動作を調和させる」テクニックのことで、パワーヨーガに代表される、フロースタイルヨーガのベースとなる考え方です。このあたりの詳細は「PowerYogaとは」でご紹介していますので、そちらをお読みください。  
本来のアシュタンガヨーガ=ラージャヨーガは、動作の一切ない、純粋な瞑想のヨーガですから、現在世界的に行われている"エクササイズ"部分については、アシュタンガ・ヴィンヤーサ・ヨーガ、と呼ぶ方が適切かも知れません。このエクササイズは、最初から最後までポーズの順番や各動作での呼吸、そして視線がすべて決められていて、その手順通りに進めていくのが本来の行い方。また、プライマリ(基本)シリーズから、セカンドシリーズ、サードと、6シリーズまで順番にレベルアップしていく楽しさがあるので、本格的にヨーガを行っていきたい人には、こたえられない魅力のあるスタイルであるといえます。
▲PAGE TOP
アイアンガーヨーガ
中部インド、プーナにてヨーガを指導する、BKSアイアンガー師が指導する、世界的に有名なスタイルのヨーガ。そのスタイルの最も特徴的なところは、丁寧なアライメント(姿勢)調整にあります。  
身体からのアプローチで心の調整を追求していると、次第に肩のほんの少しの緊張や、水落のこわばり、骨盤の角度、それに影響を与える足の向きや力の入れ方など、あらゆるものが有機的に関わり合っていて、それらが心に様々な変化を引き起こしていることに気づきます。逆に、そういった足の向きや脚の伸ばし方、肩の動かし方や皮膚の移動など、身体の繊細なコントロールを行うことによって、心を理想的な状態へ近づけることができる。これを深く追求しているのがアイアンガーヨーガの最大の特徴といえるでしょう。この丁寧な身体使いや調整法は、アイアンガーヨーガのみならず、様々なヨーガの中に吸収されていくことになります。  
同時に、アイアンガーヨーガは、YOGAブロックやYOGAベルトなど、多くのYOGAグッズを世に送り出した生みの親でもあります。身体をより適切な形でキープさせるため、柔軟性や筋力を補うグッズを使用することで、いちはやく理想的な身体の使い方を身に着けることができるようになります。このグッズも、様々なヨーガスタイルで取り入れられているということからも、近代ヨーガに最も大きな影響を与えるヨーガの一つであるといえるでしょう。
ただ、身体面に対する調整が多い分、本来の目的が身体にのみに向かわないよう、良い指導者について指導を受けることが必要であるといえるでしょう。
▲PAGE TOP
ホットヨーガ
現在、その素晴らしいデトックス効果によって注目されているホットヨーガですが、そのルーツは、ビクラムチョードリー師が考案した、ビクラムヨーガにあります。  
ビクラムヨーガとは、室温40度、湿度55%の環境の中で、26の決められたポーズを行うスタイルのヨーガで、特に全米ではコンビニのように、訪れる街々には必ずスタジオがある、というほどに人気を誇るヨーガです。このビクラムヨーガは、日本でも大々的に展開することが決まり、今後は近くでも気軽に受講できる、という環境になっていくと思われます。  
同時に日本では、このビクラムヨーガの他にも、高い室温、湿度の中でヨーガを行うスタジオが増え、ホットヨーガという1つのスタイルを築いて注目を集めています。
ホットヨーガの最大の効果は、レッスン中におびただしく流れ落ちる"汗"にあります。普通にいるだけでも汗ばむような室内で、身体の芯から温まるヨーガを行うわけですから、その汗の量は半端ではありません。汗とは人の4大排泄器官の一つ。ですから、レッスン中に多くの排泄=デトックス(解毒)を行うことができるのです。
ただ、頭部に気を上げることなく、しっかりと身体を安定させながら行わないと、ふらふらする場合もあるので、自宅で真似事を行うことは避け、指導者について行うことが大切です。
▲PAGE TOP
パワーヨーガ
これまで様々なヨーガをご紹介してきましたが、それらが融合して、より現代人とって取り入れやすく、そして効果的なアレンジがなされ、発展を遂げたのがパワーヨーガです。  パワーヨーガは、アシュタンガヨーガをベースに、流れるような展開を行いながら、アイアンガーヨーガのように身体の丁寧なアライメント調整を行い、そして時としてグッズを使いながら、初心者でも気軽に取り組めるようプログラムされたヨーガです。また、基本的には加温された室内で行うため大量に汗をかき、優れたデトックス効果を持っています。このように、ある意味おいしいところをかき集めた欲張りなヨーガがパワーヨーガなのです。  このパワーヨーガの詳しい理論や特徴、そして効果などは「PowerYogaとは」で詳しくご紹介していますので、ぜひそちらもご参考にしていただければと思います。
BACK

▲PAGE TOP