ヨガ-YOGA.jp ヨーガ(ヨガ)の語源・目的ページ
YOGA.jp
YOGAの歴史
YOGAのルーツ
YOGAの育ての親
YOGAの誕生と進化
YOGAのルーツ
インドといえば多くの方がヨーガを連想するように、インドを象徴する伝統的な神秘技法として、古くから日本でも親しまれているヨーガ。そして、いまや世界中で認められ、実践されているヨーガですが、そもそもその起源はい つで、どういう形でスタートしたのでしょうか。

ヨーガの起源は、インド史の起源と同じ、今から4500年ほど時をさかのぼったインダス文明にあるといわれます。インダス文明は、世界四大文明の中でもとりわけ謎が多く、いまだ古代文字さえ解明されていない神秘の文明です。そのインダス文明を代表する二大遺跡として、モヘンジョ・ダロとハラッパーの遺跡がありますが、この遺跡の発掘も1920年代になって始まったばかりなのです。その出土品の中から、ヨーガの坐法を組んで瞑想にふけるような彫刻をほどこした「印章」が数点発掘されたのです。それが瞑想だったのか、それとも単なる不思議な坐り方だったのかは、いまだ謎に包まれたままですが、後にヨーガが発達していくプロセスで、坐法のルーツを示す明快な根拠がないことから、おそらくこの時代に、インド原住民が瞑想という神秘行法を行う習慣があったのではないかと推察されています。

このように、非常にあいまいな根拠のもとに「ヨーガ五千年の歴史」が掲げられているわけですが、インダス文明そのものが、正確にいつごろの文明かさえも定かではない今、その真偽を確かめる術は皆無といえます。

▲PAGE TOP